2009年01月26日

ドラム録音

先日のドラム録音のレポートでも。

1からドラム録音をするのは初めてのことなので、色々迷った末リーズナブルかつ面白いコンセプトのカフェオレーベルさんで録音することにしました。

ここではオリジナルのトランスBOXを使っていて、これを通すだけで音が良くなる! という秘密兵器的な代物です。聞いたところニーヴのHA等で使われていた高級トランスが入っているみたいです。

その他使っている機材は特に高級品ではないのですが、いい音で録れたと思います! 演奏者の腕のお陰かもしれません。

演奏は知り合いを伝って、インディーズで活躍しているバンドのドラマーさんにお願いしました。演奏も人柄も素晴らしい人です。

オーバーヘッドのマイクだけは、自分の家から持って行きました。常設機材がRODEのNT4だったので、ここだけちょっとなあ…と思って。
使ったのはAKGのC451B。これと自分のミレニアHV-3Cでトップを録りました。
このマイキングは自分で行ったのですが、結構適当でも意外にいい音で録れますね(笑) 音の立体感がいい感じです。

キック×1、スネア×2、タム×2、ハイハット×1の6chにトランスBOX経由、トップの2chは直接、計8chの音をMOTU828mk2に入力→ノートPCに録音という構成です。
ノートPCって性能的に劣っている印象があって、8chの同時録音とか大丈夫かなあ? と思っていましたがぜんぜん平気でしたね。うーん頼もしい。

カフェオレーベルさんは「カフェオの音!」という個性がしっかり存在する素晴らしいスタジオでした。今回のアルバムにはかなりピッタリのイメージで、これは新春から縁起が良いですなあ。

今後の課題としては、カフェオ以外のスタジオでオールマイティな音を自分で録る! ですね。機材とかマイキングとか問題が山積みですが、いずれ挑戦してみたいです。

そんなことを学んでどうするのか? それは言わない約束です。
090124_1555~01.jpg
posted by くど at 05:27| 日記